半身浴を行う意味とは?正しい入浴方法について

半身浴って代謝をあげるの?

代謝をあげる効果があるからと、半身浴を必死で励んでいるかたは多いと思います。しかし代謝アップのために本当に必要なのは、筋肉をつけることができる運動です。つまり外から温めるのではなく中から温めることで代謝を上げることができます。そもそも半身浴は、肥満や高血圧の患者さん向けに半身浴が推奨されました。家庭内での脳卒中や心筋梗塞を防止するためであり、血圧を急激に変動させないようみぞおちのとこまで湯につかる半身浴の指導を行ったという経緯があります。

半身浴には美肌効果がない?

半身浴で汗をかくと、毛穴の汚れが落ちデトックス効果があると言われます。しかし本来汗とは体温調整のために流れるものです。そこから出てくるのはアンモニアや塩分などの水溶性の排泄物がほとんどで、毛穴の汚れや毒素は汗から排泄されることはありません。入浴を長時間行うことは、実は美肌には直結せず、皮膚の潤い成分であるセラミドなどがお湯の中に溶け出して乾燥肌になることもあります。体は温まるものの一時的なもので冷え性が解消するものではありません。

美肌につながる正しい入浴時間

入浴の本当のメリットは、ストレス解消やリラクゼーションにあります。体が温まることで、筋肉や神経の緊張がほぐれて、ストレスの解消にもつながります。入浴後30分後ぐらいに就寝につくと、質のよい眠りにつながります。肌によい入浴には、全身浴で長くても15分程度浸かれば十分でしょう。長時間半身浴を行うことは、疲れを招きますので、かえって時間を短く切り上げその分を睡眠にまわすほうが、よほど肌がきれいになることにつながります。

品川美容外科の提訴まとめサイト